ぬいぐるみを洗濯する際の注意点

子供が好きなぬいぐるみ、毎日触るからかなり汚れています。
ぬいぐるみはダニやカビの温床ともなるので、時々洗って 清潔に保ちたいもの。
ぬいぐるみを家庭で洗う時の注意点とは?

ぬいぐるみの洗濯

1.洗えるかどうかのチェック
ぬいぐるみの仲には洗えないものもあります。
タグがあればタグをチェック。タグが無い場合は自分で判断します。

・電池が入れられる
・音が出る仕組み
・素材が皮革や合皮、ウールなど
・触った感じが硬い(中がポリエステル以外の可能性大)

上記のタイプは家庭で洗濯できませんので、クリーニングに 出すのが安心です。

2.準備
必要なものを用意します。タオル、中性洗剤、洗濯用桶があれば大丈夫でしょう。

3.色落ちのチェック
いきなり洗って色落ちすると大変な結果になりますので、洗う前に水で濡らしたタオル
でぬいぐるみを軽くたたいてみて、タオルに色がついてこないようであれば洗えます。

4.付属品をはずす
リボンやボタン、ネックレス、洋服などの付属品がついているならはずしましょう。

5.洗濯桶等に水又はぬるま湯と抽選洗剤を適量入れてよく混ぜます。
ぬいぐるみを浸したらやさしく押し洗いが適当です。
ひどい汚れにはタオル又はスポンジに洗剤をつけて、部分洗いを。
ただし擦り過ぎは禁物です。
(洗濯機OKの場合でも、洗濯機で洗うと、破損、方崩れの原因となる場合もあるので、
なるべく手洗いがオススメです)

6.洗い終わったら水を替えながら泡が消える迄すすぎます。

7.ふんわりした手触りが好みなら柔軟材を使います。
すすいだ後の水に柔軟材を入れて、数分浸します。

8.軽く絞ったら、洗濯機で20秒程脱水します。
この時、ぬいぐるみをタオルでくるむと、いたみにくく脱水効果も高まります。

9.形を整えて日陰に干しましょう。
完全に乾く前に軽くブラシをかけると、キレイに仕上がります。

尚、ぬいぐるみは衣類と異なり、完全に乾燥させる迄に 時間がかかります。
晴れが続く予報の日を選んで洗濯すると ストレスなく完全に乾かせます。
ぬいぐるみも時々洗ってキレイに長持ちさせましょう。