洗濯のりの使い方は簡単!濃度を試しながらお好みの硬さに

衣類にハリを与えてくれる洗濯のり。
袖を通した時の心地よさとしゃきっと感はなかなか快適。

のりによるコーティングで汚れもつきにくく、落としやすく なりますので、ワイシャツや制服のシャツ等に愛用している人も多いです。

一度も使ったことが無い、という方の為に 基本的な洗濯のりの使い方を説明します。

(ちなみに、洗濯のりにはスプレータイプと液体タイプがあります。
スプレータイプは乾いた衣類の、のり付けしたい部分にスプレーしてアイロンをかけて利用します。
利用したことがある、という人も多い商品ですね。
ここでは衣類全体ののり付けに使う液体洗濯のりの使い方について説明していきます)

1.  のり付けしたい衣類だけを洗う

2.   洗濯の「最後のすすぎ」段階で、用意した「洗濯のり液」を投入し
(ボトル等に薄める倍率が記載されています) 少しつけおきしてからすすぎ、脱水する。

3.  つけおきの時間は好みで調節する。
液の濃度とつけおきの時間で仕上がりに差が出るが一般的に厚めの生地は
のりをよく吸い上げるので、液の濃度を薄めにするか、つけこみ時間を短くする。

4.  脱水は短めにした方がしわくちゃになりにくく、伸ばして干すだけでもパリッとする。

5.  柔軟材も同時に利用すると柔らかくて、ハリが出るので、
ポロシャツやTシャツに両方使用する人もいる。

6.  干す時は丁寧にシワをのばしてから干すと、乾いた時の仕上がりがキレイになる。

使い方はとても簡単で仕上がりに差がつく洗濯のりは シャツ類に使えば、アイロンがけも楽になるのでオススメです。 昔は硬めののり付けが好まれましたが、今は少し柔らかく、 ハリのある程度にのり付けする人が多いようです。

自分や家族の好きな硬さになるよう、濃度を試しながら 使ってみてください。