自宅でカーテンを洗濯する場合の手順と注意点

カーテンの洗い方

カーテンは窓際にあり、室内外の空気が出入りする為、ハウスダストや室内の汚れた空気、においなどでかなり汚れています。
変色していて気付いた、という方もいるかも しれませんね。

カーテンフックから外すとびっくりするほどの大きさで 自宅で洗うのは無理?と思われるかもしれませんが、 きちんと手順をふめば、カーテンは家庭で洗えます。

1. 洗濯表示の確認
洗濯表示を確認しましょう。水洗い不可(たらいのマークに ×印)がついていたら洗濯機では洗えません。 クリーニングに出しましょう。

2. 洗剤について
レースカーテン弱アルカリ性洗剤(粉末)と酸素系漂白剤(粉末)
遮光等メインのカーテン中性洗剤と酸素系漂白剤(液体)
がオススメです。

3. 浸けおき洗い
カーテンからカーテンフックを外したら、まず蛇腹にたたみ、洗濯ネットに入れて、上記の洗剤で浸けおき洗いをします。 汚れが目立つ部分は揉み洗いするといいでしょう。

大体10分程度つけておきます。カーテンはとても汚れているので、いきなり洗濯機で洗うと、水が相当汚れて、かえってカーテンが汚れるという笑えない結果になる可能性があるのです。

浸けおいたら、水を交換ながら押しながらすすぎます。

4. ネットに入れたまま洗濯機に入れて、洗います。 手洗いコースがおすすめ。

5. 干す時はフックを取り付けて、カーテンレールへ吊るせば大丈夫。
カーテンそのものの重みでシワが伸び易く、縮み予防にもなります。

6. 窓を掃除しよう
洗濯してキレイになったカーテンをかけるのですから、窓ガラスや窓枠が汚れていると、残念。
洗濯している間に窓ガラスや周辺の拭き掃除をしておきましょう。
外したフックにはかなりの埃がついていますので1個ずつふいておきます。

窓は空気の出入り口。キレイになった窓とカーテンを眺めると本当に気分がいいもの。
気持も晴れやかになるのでオススメの掃除です。

カーテンをきちんと早く乾かす為にも、晴天の日を選んで洗濯してくださいね。