大切な衣類は洗濯ネットを上手に利用する

どこの家にも数枚はある洗濯ネットですが、洗濯ネットにはどんな効果があるのでしょう。

一番は洗濯物をいためないこと
他の洗濯物との摩擦が減り、絡みもなくなるので型崩れや他の衣類からの毛羽付着を防いでくれます。 例えばブラジャー等のランジェリー、ストッキングなどは 洗濯ネットに入れて洗う方がいいでしょう。

またシーツや毛布等のおおものもきちんとたたんで目の粗いネットに入れることで、洗濯槽内での偏りを防ぎ、たたまれた状態で脱水が終了するので干しやすくおすすめ。

気になるのは衣類をわざわざネットに入れることで、汚れ落ちが悪くなるということ。
確かに摩擦が減る分、汚れが多少落ちにくくなるデメリットはありますが、気になるなら、
目の粗いネットを使えばよいでしょう。

そもそも洗濯は衣類を傷める行為ですので、ガンガン洗える丈夫なものと、型崩れや色落ちを少しでも防ぎたいデリケートな衣類を一緒に洗濯するのなら、洗濯ネットを使うメリットの方が大きいと思います。

洗濯ネットには本当に数多くの種類が売られています。大きさも大物が入るサイズから、下着専用の小さいものまで、形は普通の長方形だけでなく、丸型、角型、筒型などなど。
特にボール型は洗濯物がネットの中で動いて汚れが落ちやすくなる効果があります。

ホームセンター等の売り場で多種多様な洗濯ネットを見るのもいいかも。
女性なら下着専用等は1枚あってもいいかな、と思えるものです。

どうしてもいたみが気になる衣類は手洗いするのがベターですが、洗濯機で洗うなら、洗濯ネットを上手に利用して、できる限り衣類を大事にしたいものです。